情報セキュリティ方針

 アイ・ティー・エス・ジャパン株式会社及び鹿児島応用技術株式会社(以下、「当グループ」という)は、IT業界に身を置く者として、お客さまと共に、情報化社会のより良き発展と地域社会の文化や経済の発展に貢献し、IT時代をリードする担い手の育成や発掘を心がけたいと思っております。

 その経営理念を達成するため、当グループは情報セキュリティの取組みを最重要課題の一つと捉え、関連する法令及び規範等に適合した情報セキュリティ管理規則を策定します。
併せて、代表取締役を中心とした情報セキュリティ管理体制を確立し、組織的、人的、物理的および技術的な情報セキュリティを維持し、継続的に改善することを宣言いたします。

1. 情報セキュリティ目的
 当グループは、情報セキュリティ方針に沿って情報セキュリティ目的を設定します。

2. 情報資産の保護
 当グループは、取扱う情報資産の機密性、完全性および可用性に対する脅威から情報資産を適切に保護するため、適正な管理策を策定し、実践します。

3. コンプライアンスの遵守
 当グループは、情報セキュリティに関する法令、規範、並びに顧客など関係者からの要求事項を遵守します。

4. 教育・訓練
 当グループは、役員および従業員等の情報セキュリティの意識向上を図る為、継続的に情報セキュリティに対する教育、訓練を実施します。

5. 監視・監査
 当グループは、情報資産の管理が適切に実施されていることを確認するため、内部監査及び第三者による監査を定期的に受け、情報セキュリティの水準を維持します。
 

制定日:2014年10月1日
アイ・ティー・エス・ジャパン株式会社
代表取締役 網屋 信介

鹿児島応用技術株式会社
代表取締役 中原 伸二